解決事例 1: バリ取り作業の削減

専用バリフリー ドリル・エンドミルルーター

複合材料用(CFRP、GFRP、カーボン金属複合板、他)

機械切削加工における金属と複合材料の違い

課題

1.バリの発生 により バリ取り作業 が必要

複合材料用 刃形状設計

専用設計により、ドリル・エンドミルルーターの刃が カーボン、ガラス質、金属等の繊維をキレイに切り取ります。

バリ取り作業を削減
(プロセスコストおよび時間・人件費の低減)

注. 機械条件・材料により異なるため、耐久性について実際の条件の元での確認および調整が必要です。